fc2ブログ
ようこそ。
こちらはyasukoによるCelt&幻想音楽ソロユニット「quitab」のブログです。公演のご案内・日常などを綴っています。

度重なる災害に、鎮静を切に願います。 これからも常に「今自分にできること」を行っていきたいと思います。

yasuko

Author:yasuko

カテゴリ
最新コメント

練習風景。

「Clocks & Clouds」を演奏しつつ編曲を詰めた練習の一幕です。
ピアノとアコーディオンとアコーディオン(笑)で合奏したところ──。
あれ、半音合わない?
という瞬間が、幾度か。
もともと1フレーズごとに転調したりする(するんですよ……)曲ではあるのですが、コード(ピアノ担当)とフレーズ(アコーディオン2台で分担)が、合わない。

しかし、おかしいですねーと音源を聞いてコードを確認し、次にフレーズを確認してみても……音源とは合っている気がする、という怪現象。

実はアレンジの元が海賊版のライヴ音源ということもあり、
各楽器のチューニングがずれている、のです。
どのくらいずれているかというと……。個人練習で音源を流しながら自分のパートを弾いていると、軽く自己崩壊しそうになるくらい(^^;
つまり、半音の半分くらいチューニングがズレているので、半音上にとるべきか下にとるべきか、即座には判断できないのです。

結局、私が担当するフレーズを半音下にとるべきだろうという結論に達しました。その後も細かな転調を繰り返すフレーズを弾きながら、藤野さんとご一緒に「よくこの音源から譜面起こせましたね…!」と叫ぶこと数回。
楽器ごとに違うチューニングで演奏された楽曲から「きっとこうだろう」という元譜面を起こすというのは……地中に埋まった破片を集めて遺物や建物を再現する考古学みたいというか、様々な実験結果から法則を割り出す科学みたいというか──とにかく私には不可能だと思われます……。

そんな離れ業を披露してくれた中江川氏は、90年代にプログレの殿堂(?)吉祥寺シルヴァー・エレファントにて活動していたプログレバンド、BIRDの元キーボーディストです。
私も一度、ピンチヒッターでキーボードを弾かせていただいたことがあります。
Quitabのライヴにプログレコーナーがある理由の一つは、ここにあるかも知れません(笑)

それから、追記的に。
チューニングがずれていても、私はライヴ音源って大好きです。
もちろん完成されたCDも好きですし聞きますけれども、演奏者の心の機微にすぐ近くで触れられるような「生の音」から得られる感動はまた別ものだと思うのです。
「Clocks & Clouds」も「Clock」を表現しようとするドラムの音や右から左から吹き付ける風の音のようなフレーズ、音にならない息づかい──その他たくさんのちょっとした音から、演奏者の心を直に感じられる気がします。
そういえばPFMで一番好きなアルバムって『Live in USA』かも知れません…(笑)

コメント

PFM

『Missing Pieces』、お貸ししましょうか(笑)。

PFMの『Live in USA』は、『The World Bacame The World』までのスタジオ・アルバムとはずいぶん印象が違っていて、最初に聴いた時かなり驚いた覚えがあります。
『The World Bacame The World』までのスタジオ・アルバムも『Live in USA』も、それぞれ特徴があって、どちらも好きです。
ちなみに『Chocolate Kings』も、MAURO PAGANIの『地中海の伝説』も好きだったりします。(・・・・・ただのPFM好きかも。)


もうすぐライヴですね。楽しみにしてます。
あまり無理をなさらないようにお過ごし下さい。

Re: PFM

ありがとうございます、最近は自己崩壊系の練習はしていないので大丈夫です(笑)。
編曲の中江川氏は大変だったと思いますが、生の演奏に習って曲を覚えるというのはトラッドの手法のようで興味深くもありました。
今回の音源で微妙に違っていたのはチューニングですが、トラッドだとフレーズ自体が演奏者によって或る程度自由に解釈できるので──以前、アイルランドはドニゴール地方のパブで4人のフィドラーが一斉に同じチューンを弾いたのを聞いた時、結構音が違っていて面白かったです。
なおその後、「次は○○(曲名失念;)って言ったじゃん」「え? ○○って今弾いたのじゃなかった?」「違うよ!」「えっ、そんなことないって!」と軽く言い争いが勃発。
曲名も微妙に違った状態で伝えられることもあるようです(笑)。

PFMの『Live in USA』はとてもライヴの熱気が伝わって来るんですよね。スタジオ録音版とはイメージが違うのも頷けます。
録音で、生で、楽譜で。
音楽は一粒で三度美味しいのかも知れません(^^

陣中見舞いの御言葉、ありがとうございました。
当日のご来場、お待ちしております!
非公開コメント

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード