fc2ブログ
ようこそ。
こちらはyasukoによるCelt&幻想音楽ソロユニット「quitab」のブログです。公演のご案内・日常などを綴っています。

度重なる災害に、鎮静を切に願います。 これからも常に「今自分にできること」を行っていきたいと思います。

yasuko

Author:yasuko

カテゴリ
最新コメント

Quitab Live 御礼

台風迫るなか本日ご来場下さいました皆さま、本当にありがとうございました!
また、夜公演においでくださるご予定だった皆さまには…日程を開けてくださったり、お友達をお誘いくださったり、いろいろお心遣いをいただきましたのに本当に申し訳ございません。お会いできなくてとても残念です。
夜公演中止のご連絡が行き届かず現地に赴いてくださった方には、もう、本当に何とお詫びを…。

この時期に何か企画をするならば、台風による公演中止について、もっとしっかりした手順を整えておかなければなりませんね。反省しきりです。ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。


本日も、Quitab Liveに足をお運びくださった皆さまとの時間は、温かく楽しい時間でした。いつもおいでくださる方々、初めての方、お久しぶりの方、お久しぶり同士の方々、笑顔が拝見できてとても嬉しかったです。
お帰りになる時の皆さまの笑顔が、次回への一番の原動力です。

そしてメインゲスト、藤野さんの演奏は今回も伸びやかで力強く、新曲も美しく彩ってくださいました。毎回グレードアップしていく藤野さんの音楽とトーク(笑)は今回も新たな進化を!次回もまたソロを聴かせてください^^
Benさんの端正かつ味のあるベース、中江さんの渾身のピアノが加わっての本日のプログレコーナーの曲は、かなりいい感じでしたのでまた機会があればどこかでもう一度…!
フルート・苺谷さんが軽やかなメロディを乗せて下さったアイルランド語の曲をお客さまとご一緒しましょうコーナーでは、「歌詞覚えました♪」というお客さまが! 次回からはフルコーラス分の解説をご用意…?!

特集のハロウィン(Samhain)では、アイルランドの古の神や伝説の英雄が、この日に騎馬で現れて丘や縁の遺跡の周囲を行進する…といういわれ(フェアリー・ライド)に基づいて、別の「古の神」やスコットランドの「影」、ケルト圏のその他いろいろなモノを召喚(?)する曲をお送りしました。
人ならざるモノの曲が豊富にあるところはさすが妖精物語の国々、と思うのですが、それを集めてみることでケルトの異界を感じていただけましたら幸いです。
冒頭の朗読はW.B.イェイツ『薔薇 イェイツ詩集』(尾島庄太郎訳、角川文庫、1999年1月25日発行)から「炉辺にて語らったある人に」。1983年に翻訳者がイェイツ本人との面会に臨んだ「イェイツと語る」も収録されたこの版は、ケルトの異界に興味を持ってくださった方にオススメです^^

リクエストコーナーでは、19世紀英国の神学者ジョン・ヘンリー・ニューマン作詞による聖歌を2曲。日本におけるニューマン研究第一人者のご自宅から発掘された楽譜です。2曲のうち「Praise to the Holiest in the height」は、1つの詩に対して2つのチューン(曲)が紹介されていたので、両方の曲で演奏しました。
聖歌(賛美歌)の英詩は音節の数によって形式が決まっているので、一つの英詩が歌えれば、その曲で同じ形式の他の詩も歌えてしまいます。
 上の曲は、音節の数が8・6・8・6で1番が出来ている形式です。
  Praise・to・the・Holi・est・in・the・height,(8)
  And・in・the・depth・be・praise,(6)....
 実は「アメイジング・グレイス」も同じ形式です。
  A・maz・ing・grace!・How・sweet・the・sound. (8)
  That・saved・a・wretch・like・me. (6)...
つまり「Praise to the Holiest in the height」の曲で「アメイジング・グレイス」を歌うことも、その逆も!(技術的には)可能です。
実際には「この歌詞にはこの曲」というものが紹介されていることがほとんどで、今回歌った楽譜にも「この曲かこの曲」と2つの曲が紹介されていました。
こういう習慣があったからこそ、アイリッシュトラッドにも「同じ歌詞なのに知っているメロディと違う!」という曲がたくさんあるのでしょう。

──ちょっと長くなってしまいましたが、興味を示してくださった方々がいらしたので、トークの内容を一部掲載致しました^^

次回は春、5月頃に開催できれば…と考えております。
もしよろしければ、春に再びお逢いいたしましょう。
本日は本当にありがとうございました…!

コメント

非公開コメント

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード