ようこそ。
こちらはyasukoによるCelt&幻想音楽ソロユニット「quitab」のブログです。公演のご案内・日常などを綴っています。

東北ならびに九州の震災に際し、心よりお見舞いを申し上げます。 これからも常に「今自分にできること」を行っていきたいと思います。

yasuko

Author:yasuko

カテゴリ
最新コメント

Cathair ar an Uisce

作詞・作曲 yasuko


水面に落ちる雨の雫
浮かび上がる water drop crown
名も無き私の掌の上
かがやく 水冠(みずかんむり)

遠いさざめきも 震える梢も
Cathair ar an Uisce

まどろみの岸辺
いつか出会う夜明けの空
立ちあらわれる
水の上の都


降りやまない雨の雫
数えきれない water drop crown
名も知らぬ君の掌の上
沈まぬ 夕陽が溶ける

北天の星も ささやかな夢も
Cathair ar an Uisce

重なりあう影
無限にかえす時の波
立ちあらわれる
水の上の都

まどろみの岸辺
いつか出会う夜明けの空
立ちあらわれる
水の上の都

昨日私が閉じた目を 明日は君が開くだろう


 ※Cathair ar an Uisce = City on the Water(水の上の都)

桜貝を拾う午後

作詞・作曲 yasuko

白砂の浜辺に流れ着いた桜貝を拾う午後
波打ち際に砂の城を建て
しまいこむ
おくふかく

マリン・スノウ降り積もる苑(その)
光る魚に愛された 物言わぬものたちに
目覚めを待つ姫君のように
宵闇の底 咲いていた花びらは桜色

祈りは遙か時代(とき)を渡り静かな谷間で花となる
秘めやかに語りだす花たちの季節が巡りくる

月への橋が架かる満ち潮の晩に
光り輝いて空へ舞い散る
Dianiiva el'a larde
咲き乱れ

月への橋が架かる満ち潮の晩に
すべて崩れ去る波の理(ことわり)
Dianiiva el'a larde
咲き誇れ

月の雫

作詞・作曲 yasuko

わだつみの手なる舟に あのひとを乗せ
はるけき西の果てへ 送った浜辺

つまさきを濡らす涙 頬に触れる花束
あのひのまま私は ゆるやかに年老いて

寄せる波に砕かれ 返す波にたゆたい
いつか空の縁にたどりつく

赤き月に導かれて 昏き月に謳う
呼び続ける 闇を抜ける銀色の虹を
彼方への橋を

沖へ曳かれ流れゆく 砂の哭く声
谺のこし消えてゆく 風の詠唱

いつかまた廻り逢う日 触れ合う手の先端(さき)から
しろい鳥の羽根になり 海へと崩れてゆく

昇る朝陽に抱かれ 降る雨音に眠り
いつか草に灯る露になる

赤き月に導かれて 昏き月に謳う
呼び続ける 闇を抜ける銀色の虹を
彼方への橋を

この空をゆくものは鳥

作詞・作曲 yasuko

ひと呼吸ごとに失ってゆくものは午后の光
浅瀬にまどろむ海神は既に去り遠く霞む
閉じない円の廻るにまかせ 左巻きの渦に落ちる
頭上の星は曳き降ろされ 丘の上を虚しく巡る

金の花から生まれた娘よ 六日目の月の剣で
千尋の谷を割り川を呼び起こし給え

この空をゆくものは鳥
姿なき鳥たちの羽ばたきは川のゆく先へ
この空をゆくものは鳥
終焉よりも遠く揺らめく幻の国へ 陽の渡る先をゆく
駆ける

土に還りゆくこの身体あたたかく響きあう
つぶやくように聞こえ始める 海が燃える朝日が昇る

倒れた樹から芽を伸ばす苗よ 六日目の月の光で
千畳の雲を突き風を呼び覚まし給え

この空をゆくものは鳥
姿なき鳥たちの羽ばたきは花びらを連れて
この空をゆくものは鳥
姿なき鳥たちの羽ばたきは川のゆく先へ
この空をゆくものは鳥
終焉よりも遠く揺らめく幻の国へ 陽の渡る先をゆく
駆ける

GREEN FIELD

作詞・作曲 yasuko

灰色に凍る指先持ち上げて 白く閉ざされた空を拓く
柔らかく眠りに誘う銀の雨 煙る湖に時を刻む
足許には影もなく私を呼ぶ声もいまは無い
膝を折り目を閉じて聞け
甦る力の鼓動
身を震わせ解き放て、緑の翼

濡れた岩肌に浮かび上がる呪文(ことば) 隠れし神の永久の祈り
蒼く昏く沈む遠き湖に 西風が告げる聖者の歌

天蓋(そら)を仰ぎ腕を伸ばせば緑の羽根が散る
何もかもを超えて届け
朝を待つすべての者のもとへ
ひび割れた氷の殻を
煌めく破片へと変えて
身を震わせ解き放て、緑の翼

膝を折り目を閉じて聞け
甦る力の鼓動
身を震わせ解き放て、緑の翼

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード